Orange Monster 

東日本応援ツアー#1

5/2(水)
午前中からいつもの遠征より数倍多い荷物を準備。
今回は2人分。
遠征でスーツケース出動したん去年の札幌以来2度目。
てか遠征でお泊りすんのも札幌以来2度目。

それはさておき。

「愛媛ゴール裏net 東日本応援ツアー」
に参加しました。

機会があれば、1度は訪れて自分の目で見ておきたかった震災の爪痕。
(・・・「機会があれば」ではなく「機会を作ってでも」行く場所でした。)

いつもの面々、はじめましての方、スタジアムでお見かけするけどご挨拶程度だった人・・・。
総勢25名?での3泊6日のバスの旅。

19時すぎに石鎚SAで合流し、一路山形へ。
気がつけば3日と日付が変わっておりました。
途中のハプニングや、大雨、渋滞、山形戦伝説・・・もろもろで試合開始に間に合わずorz
でも運転手さん、大野さんの判断のおかげで前半15~20分くらいからバモれました。

すっごい雨、風。

前半0-2
これが元J1かー。HOMEかー。2位かー。なビハインドだったけど、
なぜか「負けない」気がしてたハーフタイム。
後半、やっぱり予感的中。有田んのゴール!ご家族みんなが来られてた中でのゴール!
嬉しさひとしお!喜び倍増!おにぎりおいしい!!
あ、有田んのご家族からゴール裏におにぎりの差し入れをいただきました。

反撃はこれから。

おーやんと謙伍の2枚替えん時に、
「謙伍がゴール決める!」と鮮明な予感。これ的中!
最近キレキレの謙伍ールで2-2の同点に。うひょー。
※高校の時、バレー部(マネ)やったんやけど、監督が2枚替えする時は大概勝ってた。
やからかな?「勝てる」と思ってたん。笑

結果、勝つ事はできず2-2のまんま終了。
でも「追いつかれて」同点より「追いついて」同点の方がいい!
山形相手に「勝ちたかったー」「勝てとったー」と欲が出るほどいいチーム!!

「NDソフトスタジアム山形」
んだスタって言うんやね。なんかかわいい。

山形のボラスタさんから、お土産いただきました。
勝ち点1も頂いたのに、ありがとうございます。おいしそうな「芋煮どん兵衛」
争奪戦でGET!しました。勝ち点プラス2でもよろしかったんですのよ?笑

twitterで知り合ったベガルタサポさんが、山形を応援する息子さんと分かれて
愛媛のゴール裏で応援してくださっていた方とご挨拶。

一路バスは、宿泊場所の宮城県仙台市へ。

夜は、みやぎ愛媛県人会の片上会長さん、高橋副会長さんをお迎えして震災当時の状況をお聞きしました。
このブログを通して知り合った方のご出身地、多賀城市のコンビナート火災。アズの地元名取市の何もかもなくなってしまってる景色。
テレビ等で観てきてたはずなのに、想像を超える状況にただただ言葉を失うばかりでした。


2日目の夜を迎えます。
ちえちゃん、マッサージありがと。
ラドン温泉は、強力でした。ラドーン。

***

5/4(3日目)は、高橋さんに案内を受けながら、被災地を巡りました。

1900戸という「石巻開成仮設団地」という巨大な仮設住宅にある、
「ケア付き制度外仮設住宅」の「あがらいん」さんへお邪魔しました。

「あがらいん」とは石巻地方の方言で「おあがりなさい」という意味。
愛媛で言うところの「あがらんかいよ」ってところでしょうか。

f0225526_1439318.jpg


こちらでも、いろんなお話を聞かせていただきました。
「東北関東大震災・共同支援ネットワーク」の支援活動内容。
震災で店舗を失くした遊佐さんが始めた移動販売から得たこと。
などなど。

今回の旅で心に残った言葉。


たくさんの救援物資が届きました。衣服、食べ物、生活用品。
小さな子供たちは、コンビニに入って「おじちゃん、これもらっていくね」と
商品を「買わず」に持って帰ります。
子供たちは、決して悪気があるわけではありません。
当たり前に思っているだけなんです。


・・・胸に突き刺さりました。

私達が一番に思いつくボランティアとしてできることのひとつ。「物的支援」
これが、現地に住む子供達の道徳感を意とせず失くしていってしまっていること。

ボランティアに定期的に行く人は、被災地の子供達に言われるそうです。
「おじちゃん、今日は何くれるの?」

悪気がないだけに、心が傷みます。
こういったことも「当たり前」が「当たり前」じゃなくなってしまっているうちのひとつかもしれません。

逃げる事に疲れてしまったおばあちゃんが、繋いだ手を離し津波にのまれていった話。
「がんばりましょう」「復興祈願」という言葉を敢えて使わずに開催した普通のお祭りの話。
そのお祭りで、たくさんのぬいぐるみの中から亡くなってしまったお孫さんが喜びそうなものを選んで帰ったおばあちゃんの話。

現地にいるからこそ聞けた貴重なお話でした。

ここでは、去年のニンスタでの熊本戦に来てくださっていたベガルタサポさんと再会しました。
つながり、ご縁に感謝です。

***

三陸道を走りながら、南三陸町へと向かいました。
道中、相変わらずバカなこと喋ってたりしてたわけですが、和泉さんから「あやさん、もうこのカーブを曲がったらそんな冗談言えなくなるよ」と言われた数分後。
私は、本当に何も言えなくなりました。
f0225526_1421574.jpg

この町が以前、どんな景色を見せていたのかわかりませんが、建物の基礎だけが残る状況、海水によって色が変わってしまっていた杉の木。山積みにされた車達。とにかく凄惨でした。

バスは南三陸合同庁舎前に止まります。
ここには「南三陸さんさん商店街」という仮設の商店街があるのです。

f0225526_14245654.jpg

f0225526_14255933.jpg


3階建ての庁舎
3階部分まで津波が来た様子がわかります。蛍光灯の配管も配線も、ガラスも無残でした。
建物の隣には、大量の瓦礫。
f0225526_14281848.jpg


1年間、手付かずで放置されているのが瓦礫の山に生えていた雑草からわかりました。

復興市場で刺身定食を食べ、お土産を買いました。
食べ物屋さんの他に、電気屋さん、散髪屋さん。
一生懸命な姿や笑顔に、私の方が元気をもらいました。


バスは少し走り、今回の震災のシンボルとなってしまった「南三陸防災対策庁舎」まで。
f0225526_1511687.jpg

f0225526_15115099.jpg

f0225526_15132520.jpg


言葉になりません。。

f0225526_1521970.jpg

「なつかしい未来へ」
すごく、深く強い言葉だと思いました。

なつかしい未来が戻るまで、復興支援の手を止めてはいけません。
またいつか、必ずここへ来ようと強く思いました。

***

実は、この数日東北地方は大雨で、気仙沼では避難勧告が出るほどだったそうです。
そんな中、3日に開催される予定だった「牡鹿半島復興祭 牡鹿さ、ござい~ん」祭りが延期となり、
4日に開催されているというお話を聞きました。

W杯や、代表戦でよくお見かけする「ちょんまげ」の人や「ボーリングのピン」の人達もボランティアでそこにいらっしゃる!と言うわけで、急遽バスを鮎川浜へ走らせました。


・・・長くなりすぎたので、つづきは#2で。









写真や、つたない言葉やけど伝わりますように・・・。
にほんブログ村 サッカーブログ 愛媛FCへ



by ayamonster | 2012-05-09 15:33 | 愛媛FC

Smile Monster
by ayamonster
プロフィールを見る
画像一覧

* ayamonster *

WELCOME!!

* LOVE *
 ・EHIME FC
 ・B'z
 ・SNOWBOAD
 ・FAMILY & FRIENDS
 ・SORA@St.BERNARD
 ・CAFE
    and more・・・

お気に入りブログ

最新の記事

9月の試合、ちょこっと8月
at 2015-11-19 00:00
日帰りにいがた。
at 2015-10-07 00:57
8月試合
at 2015-10-06 00:49
下書き載っける。笑
at 2015-10-06 00:28
6月の試合
at 2015-07-21 00:20

検索

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル

画像一覧